在籍確認無しでカードローンを利用した即日融資をするための方法とは

日常生活を営んでいる中で、急にお金が必要となる場面はしばしば訪れますが、そんなときに便利なのが銀行や消費者金融のカードローンです。現在は、インターネットの普及や与信審査の迅速化によって、カードローンでも簡単な手続きで即日融資が受けられるようになりましたが、その申し込みプロセスにおいて必ず実施されるのが在籍確認です。在籍確認とは、申し込み時に記入あるいは入力をした勤務先がたしかに存在していて、申込者がそこで働いていることを確認する作業で、これに問題があった場合はカードローンで融資を受けることができません。しかし、極力誰にも知られないようにカードローンを利用しようと考えている人の中には、この在籍確認に対して不安を感じる人が大変に多いです。これはなぜかというと、在籍確認は原則としてカードローン会社のスタッフが勤務先に電話をかけることによって行なわれるからです。社名を名乗らないようにするなど、カードローン会社も申込者に対して様々な配慮をしていますが、職場の同僚に過去に同じように借金をした経験がある人や、勘の良い人がいると、借金をしようとしているのが簡単にわかってしまいます。

もし、在籍確認に不安なのであれば、即日融資の申込先は書類の提出によって在籍確認をする方法を選択できるところを選ぶと良いです。このようなカードローン会社では、勤務先に在籍していることを証明する書類として、勤務先から交付される給与明細書や、加入している健康保険組合の被保険者証のうち、どちらか1点を提出すれば在籍確認が完了します。店頭や自動契約機で申し込む場合は原本を持っていき、インターネット上で申し込む場合は原本をカメラで撮影し、画像ファイルの形にして送信すれば良いです。なお、在籍確認の書類を提出する際に給与明細書を利用した場合は、収入証明書類として利用する書類は給与明細書以外を用意しなければなりません。給与所得者は源泉徴収票を利用することができるので、直近の年のもの用意しておきましょう。